So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「新年早々ひどいことに」母娘は前日TDLに… 大田区の3人死亡火災(産経新聞)

 新年の住宅街に爆音が響き、炎が3世代が暮らす家を飲み込んだ。東京都大田区で3日早朝に起きた住宅火災。火元となった桜木節子さん方は仲の良さが評判の家族だった。孫の夏海ちゃんは前日に東京ディズニーランドに行き、幸せな正月気分を味わったばかり。近所の人は「新年早々こんなことに」と絶句した。

 ディズニーランドに一緒に行ったのは母親の裕子さんと、保育園時代の同級生の女児らだった。同級生の祖父(72)は「楽しそうに出かけたのに、まさか翌日にこんなことになるとは」と驚いた様子。小学校の同級生の女児(9)は「皆から『夏海ちゃん』『なっちゃん』と慕われていた。木登りが得意で、2週間前も公園で一緒に遊んだばかり」と言葉を失った。

 近所の住民らによると、裕子さんは沖縄で結婚生活を送っていたが、夏海ちゃんの出産を機に実家に戻った。認知症の節子さんを介護しながら、夏海ちゃんを育て上げた。

 裕子さんの中学高校時代の同級生、玉山智子さん(48)は「穏やかだが、とてもしんの強い人だった」。家族ぐるみの付き合いをしていた近所の石田照代さん(72)は「仲の良い家族で、夏海ちゃんを宝物より大切にしていた。新年早々、こんなひどいことが起こるなんて…」とうつむいた。

【関連記事】
「台所から火」9〜82歳の一家4人死傷か 東京・大田の住宅火災
奈良で住宅火災、23歳女性が死亡
老人ホームで火災、男性死亡 兵庫・伊丹
徳島の民家火災で死亡3人の身元判明 次女と次、三男
新潟で火災、1人死亡 アパートなど7棟焼く

torrentファイルの使い方
t6l3yf7fの日記ブログ管理ツール
クレジットカード現金化
ライブチャット
パチンコ攻略

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。